思い出に残る家族婚と家族での披露宴

by: admin

少人数で家族と大切な人たちとの結婚式

最近はシンプルに、家族や親しい人のみで結婚式とお披露目をしたいと言う人が増えています。大袈裟な結婚式はしたくないけど、両親や家族のために小さくても良いから結婚式を挙げようという場合がいちばん多いです。中には忙しくて結婚式を挙げる準備が出来ない、お金をかけず籍を入れるだけで良いが写真だけは撮りたい、と言う人が行う場合もあります。家族婚というのは、少人数で費用もリーズナブルで、本当に大切な人たちとだけでする事が出来ます。結婚式のあとはほとんどの人がお食事会という形で家族での披露宴も行っています。

準備期間をかけずリーズナブルに

普通の結婚式では、準備期間におおよそ半年から1年くらいかかると言われています。しかし、そんなに準備に時間をかけられない、すぐにでも結婚したい、出来ちゃった婚で急いでいる、等いろいろな理由はありますが、家族婚ならば最短で数週間から3か月くらいの間には結婚式が行えるのです。そして、お披露目でもある披露宴の代わりに、お食事会も兼ねて、挙式したホテルのレストランや近くの料亭等で、家族での披露宴を行うのです。シンプルに挨拶だけしての両家でのお食事会という形もありますが、希望により、さまざまな趣向を凝らしたりする場合も多いです。

両家の親睦会も兼ねての披露宴

お食事会をかねての、家族での披露宴と言っても、行う会場やお店側との話し合いで、もっと思い出に残るものにする事もできます。結婚する2人や両親の意向にもよりますが、ウェルカムボードや、引き出物やギフトを用意したり、フラワーコーディネートしたり、ウェディングケーキやキャンドルサービス等様々なものを用意して、小さくても温かみのある想い出に残る披露宴になるのです。その中で余興やスピーチを織り交ぜたりしながら親族の紹介をするのも楽しいです。

両家の人々を招いて結婚式をあげ、食事会をして親睦を深めるのが家族婚の形です。飾らない自分たちの姿で、親や兄弟に囲まれたアットホームな結婚式です。