これでプロポーズOK!婚約指輪の基礎知識

by: admin

婚約指輪と結婚指輪の違い

婚約指輪(エンゲージリング)とは、結婚の約束をした男女の間で、男性から女性へと贈る指輪のことを言います。一方結婚指輪は、いわゆるペアリングです。結婚する男女の間で、結婚式で2人の永遠の愛の証としてかわされるものをいいます。同じ指輪でも、意味合いが全然違いますね。ちなみに婚約指輪は、一般的にプロポーズの際に渡すことが多いですが、最近ではプロポーズの後に2人でお店まで選びに行くカップルも多いです。女性の好みに合わせたいならその方が確実ですよね。

婚約指輪のデザインってどんなの?

婚約指輪に使われる宝石として多いのが、ダイヤモンドです。これはダイヤモンドが「最も硬い石→固い絆で結ばれる」「無色透明→純粋無垢な花嫁」という意味合いを持つからです。もちろんダイヤモンドだけでなく、真珠や女性の誕生石を使う人もいます。婚約指輪はデザインが豊富で、どちらかというと普段使いというより、パーティなどでつけるような華やかなデザインになります。一方結婚指輪は、結婚後も指にはめて生活を送ることが前提なので、邪魔にならないシンプルなデザインとなっています。

気になる!?婚約指輪の相場

指輪を選ぶ際に一番気になるのが、ずばり「値段」です。婚約指輪の一般的な相場はおよそ30万円程度。20万円~40万円ぐらいだといわれています。もちろん、ダイヤモンドなどの宝石の大きさや品質、指輪のデザインによって値段は大きく変わってくるので一概には言えません。一方結婚指輪の相場は大体10万円~と、婚約指輪よりも比較的安価となっています。これはデザインがシンプルかつ宝石を使っていないからですが、もちろん素材などによって値段が変わってきます。一般的にプラチナを使うことが多いです。

一昔前は婚約指輪と言えば「給料の3ヶ月分」と言われていましたが、今はだいたい30万円以内が相場です。